桂田アッセンデルフトについて

アッセンデルフトとは、オランダの首都・アムステルダムから15kmほど北に位置する町の名です。
17世紀頃、この地方で家具に花や風景や肖像画を描くことがブームになりました。豊作や豊漁、人の幸福を願って描かれたこのフォークアートペイントは現在では、その技術を伝える人が少なくなり、とても貴重なものになっています。
今から20年ほど前、オランダに在住していた桂田淹代は数少ない指導者からその技術を学びました。そして、伝統的な雰囲気を継承しながら、色調も花の種類も自由な発想と感性で新しいアートに昇華させたのが、桂田アッセンデルフトなのです。

特徴

絵心がなくても大丈夫です

「絵心がないんですが、大丈夫ですか?」そんなお問い合わせをよくいただきます。
複雑な絵画のような構図も、微妙なグラデーションや独特のタッチも、初心者でも簡単に楽しめます。

身の回りのさまざまなものが素材に

桂田アッセンデルフトの専用アクリル絵の具は、白木だけでなく布や革、プラスチックなどにも描くことができます。
ですから、バッグや傘、時計など、身の回りのさまざまなものに描くことができます。

短時間にオリジナル作品が完成

桂田アッセンデルフトの特徴は、筆に2~3色の絵の具をつけて、一気に描くことにあります。
絵の具はすぐに乾き、一筆で描き上げていくので、短時間で作品を完成させることができます。

戻る

桂田淹代 ・ 陽平プロフィール

桂田淹代
東京都出身。1976年オランダ在住中、現代オランダフォークアートの第一人者、ジャック=ザウデマ氏に師事。
1983年、桂田淹代アッセンデルフトフローラルアートスタジオを設立して以来テレビ・雑誌・大手百貨店展示会を通じて全国に教室展開し、桂田アッセンデルフトの普及に努める。
桂田陽平
オランダ出身。幼少から母桂田淹代の作品を目の当たりにしながら育つ。2005年より桂田アッセンデルフトに参加。
戻る

ヒストリー

1976
桂田淹代、渡蘭。オランダ滞在中、ジャック=ザウデマ氏(オランダフォークアートの第一人者)に師事。
1983
六本木に「桂田淹代アッセンデルフトフローラルアートスタジオ」設立
1984
渋谷西武百貨店にて展示会
大阪心斎橋教室開設
1986
渋谷西武百貨店「インテリアフェスティバル」参加
渋谷東急本店「華のあるクリエーター展」
1987
NHK婦人百科放映
麻布十番に教室開設
新宿京王百貨店オランダ展参加
1988
横浜ウイメンズクラブ国際交流講演、展示
1989
日本橋高島屋本店インテリアギャラリー個展
1990
渋谷東急本店展示会
1991
渋谷東急本店「サロン・ド・ファム」にて展示会
オランダ、ハーグにて「Ms.de.jong」二人展(ポルシェ依頼)
1994
オランダ、ザーンセスハンス(Art & Craft Center)に「桂田アッセンデルフト」展示・販売コーナーオープン
1997
文芸春秋展示会
1998
銀座プランタン展示会
1999
名古屋教室開設
大阪阪急展示会
2000
テレビ東京「奥さまプラザ」番組出演
NHK大阪「日蘭開国300年記念」番組出演
2001
六本木に桂田アッセンデルフト教室及びショップ開設
銀座三越「世界のトールペインティング展」
ヴォーグ社通信教育開催
神戸ネザーランドセンターにて展示会
2002
銀座三越「世界のトールペインティング展」
ドイツ、ハンブルグにて教室開設
英国、ロンドンにて教室開設
2009
日本橋三越本店にて『桂田アッセンデルフトの世界展』
日本橋三越本店にて『桂田アッセンデルフト 花遊び展』
プランタン銀座にて『桂田アッセンデルフト作品展 Flowers 365 days』
日本橋三越本店にて『桂田アッセンデルフトのクリスマスギフト展』
日本橋三越本店にて『トールペイントコレクション展』に参加
日本橋三越本店三越カルチャーサロンにて一日講座を定期的に開催
2010
日本橋三越本店三越カルチャーサロンにて定期講座を開催
2011
日本橋三越本店にて『桂田アッセンデルフト 桂田淹代・桂田陽平展』
戻る

書籍案内

アッセンデルフトフォークアートペインティング

アッセンデルフト
フォークアートペインティング
主婦と生活社 (1992年)

フォークアートペインティング花と暮らす

フォークアートペインティング
花と暮らす
日本ヴォーグ社 (2000年)

桂田アッセンデルフトオランダ花便り

桂田アッセンデルフト
オランダ花便り
マコー社 (1996年))

桂田アッセンデルフトの花園

桂田アッセンデルフトの花園
マコー社 (1998年)

桂田アッセンデルフトの花遊び

桂田アッセンデルフトの花遊び
マコー社 (1999年)

桂田アッセンデルフトの花の贈りもの

桂田アッセンデルフトの
花の贈りもの
マコー社 (2006年)

戻る